5.バスロールオフスイッチ

バスロールオフスイッチは、主として屋外の録音で風による雑音をカットしたいときに使用します。バイノーラル録音に邪魔な暗騒音の低音をカットしたいときにも便利なスイッチです。

録音専用スタジオ、屋内、会話が聞き取れる音環境では、バスロールオフスイッチを「Flat(フラット)」にするのが一般ルールです。
風が吹いているところ、運転中の車内、あるいは、キックドラムのような低音が大きな音を録音する時には、バスロールオフスイッチを、「ON」にしても構いません。

<< 前の項目へ  次の項目へ >>
User Guide一覧へ