Free Space

Free Space とは

3Dio社のFree Spaceは、音響工学と聴覚心理を探求し、試行錯誤を重ねて行き着いた「ダミーヘッドの頭部を外しても、ある面積を有した円盤を疑似耳介の周りに置けば、両耳の聴こえに支配的な部分を再現できる※」という理論の元に開発されました。
高価なダミーヘッドタイプと同等の集音能力、小型軽量で取り回しのしやすさ、リーズナブルな価格、という三つの要素をバランスよく実現した画期的なバイノーラルマイクロフォンです。
※特許申請中

◆ 主な仕様 ◆

寸 法 190mm x 110mm x 110mm (W x H x D)
重 量 680g
価 格 ¥68,000(税、送料別)
出力コネクタ 3.5mmステレオミニジャック
出力信号レベル マイクロフォンレベル信号
オプション
(価格は税別)
・ バランス型XLR出力※(¥37,000)
・ 専用風防(¥5,500)
・ グリップハンドル(¥5,500)
・ 外部機器マウント金具(¥5,500)
納 期 通常1週間 ※在庫切れの場合、2~3週間
製品に含まれる物 本体、日本語マニュアル、ステレオミニピンケーブル、保証書(一年)

mic写真2
※写真のオーディオレコーダー、ビデオレコーダー、グリップは含みません

↑ PAGE TOP

電源スイッチと低域カットスイッチ

ご使用にあたっては、写真右側の POWER スイッチを必ずONにしてください。
Free Spaceはコンデンサー型マイクロフォンですので、電源が必要です。このスイッチで内部の電源(電池)をオンにしてマイクを動作させます。
左側のBASS ROLL-OFF スイッチは、スタジオユースなどではFLATに、屋外などのバックグラウンドノイズや風切音が多い環境ではONでご使用ください。BASS ROLL-OFFの特性は、カットオフ周波数200Hzで9dB/Oct.のカーブとなっています。
ただし、これはあくまでも目安ですので、環境と求める音をよく考え、比較しながらよりご自分のイメージに合った音の方を選択してください。

スイッチ説明画像

出力端子

ステレオミニピンプラグ仕様になっています。
出力信号レベルはマイクロフォン信号ですので、お使いのレコーダーやミキサーで適正レベルに増幅してください。

出力端子画像

バランス型XLR出力(オプション)

バランス型XLR出力は、ノイズに強い伝送が可能です。
また、レコーダーやミキシングコンソールからのファントム電源供給にも対応しており、プロフェッショナル仕様になっています。(¥37,000 税別)
※工場組込みのメーカー純正オプションですので、ノーマルタイプご購入後に追加工することはできません

オプション説明画像
↑ PAGE TOP

専用風防(オプション)

この専用風防を装着することで、屋外でのバイノーラル録音を容易にしてくれます。中くらいの風切音は完全に除去し、強い風切音についてもより自然でリアリスティックな録音ができます。時速80マイルの風についてもテスト済みです。
使い方は、耳介の周りの円盤にシャワーキャップのように被せるだけです。(¥5,500 税別)
※ 仕様変更により、現在色が黒色に変更になっています

風防画像

グリップハンドル(オプション)

移動しながらバイノーラル録音する場合には、このグリップハンドルをお使いください。Free Spaceを装着した場合でも片手で楽に持てるように、グリップハンドル自体は大変軽量(約60g)にできています。(¥5,500 税別)

グリップハンドル1
グリップハンドル2

↑ PAGE TOP

外部機器マウント金具(オプション)

小型ビデオカメラやポータブルオーディオレコーダーなどの外部機器をマウントする場合には、このマウント金具をお使いください。(¥5,500 税別)

外部機器マウント金具

電池交換

マイク筐体内に、9V電圧の電池(006P)が入っています。
通常のご使用で一年間以上使用可能ですが、目安として一年、あるいは出力信号が弱くなってきたと感じられたら、交換してください。
交換は、ケース上部を固定している四つのネジをドライバーで外せば簡単にできます。

電池交換用画像

※写真は実際の製品とは異なる場合があります

↑ PAGE TOP

周波数特性

周波数特性1
周波数特性2
周波数特性3


↑ PAGE TOP