3Dio_Japan

Free Space XLR

  ¥96,800  (税込)

Free Space XLR

  ¥96,800  (税込)

こんな方におすすめ

さらに最高の音質を求める方はこちら

オーディオIFやプロ用録音機への接続に最適。
ノイズに強いXLRバランス出力搭載モデル。

Free Space XLRは、Free Spaceと比較してワンランク上のバイノーラル録音ができます。基本的な構造やマイクカプセルはFree Spaceと同じですので、Free Space同様に自然で温かい印象の音でバイノーラル録音ができますが、 唯一の違いは、出力端子にステレオミニピンに加えバランス型XLRを搭載していることです。

XLR出力端子経由で外部機器に接続すれば、マイク本体はもちろん、オーディオインターフェースやレコーダーなどの外部機器の性能も最大限引き出すことができます。結果、音質、ダイナミックレンジ、耐ノイズ性など、システムのあらゆる性能が向上します。
また、マイクに必要な電源は外部機器から供給しますので(ファントム電源)、電池の消耗を気にせず、長時間の連続録音が可能です。

XLRケーブルを使用すると、マイクとレコーダーなどの外部機器を離して配置できます。例えば10m以上のXLRケーブルで接続しても、音量が下がる、ノイズが乗る、などの心配はありません。XLRケーブルは端子にしっかりロックされるので、録音や配信中に誤ってケーブルが抜けてしまう事故も防ぐことができます。どのような環境においても、Free Space XLRはタフに使用できます。 

なぜそんなに自然に聞こえるのですか?

ヘッドホンやイヤホンを使用してFree Spaceシリーズで録音した人の声を聴くと、まるでそこに人が居るような錯覚に陥ります。鳥や風の音を聴くと、そこに自分が立っているように感じます。そうなる理由は、Free Spaceシリーズが、現実の世界で自分の耳で音を聴くのと同じ構造で音をキャプチャするからです。

仕掛けは、実際の人の耳から型取りしたシリコン製の耳と側頭部にあたる円盤です(特許取得済み)。そこには、3Dio社のバイノーラル技術と、人間の聴覚に関する13年以上に渡る研究成果が盛り込まれています。

Free Space XLRは、シリーズの中核的な製品です。3Dio社の誇るバイノーラル技術に加え、長時間録音やマイクケーブルの延長などに対応することで、どのような状況でも高品質なバイノーラル録音が可能です。

出力仕様

Free Space XLRには、ステレオミニピン端子に加えて、バランス型XLR端子が2個(ステレオ)搭載されています。XLR端子出力は、ステレオミニピン端子を使った録音と比較して、総合的に録音品質が向上します。
本体背面についているBASS ROLL-OFFスイッチは、XLR出力時にはスイッチの状態に関わらずFLATになっており、マイク出力信号に一切の処理を加えずクリーンな音を外部機器に渡します。
本スイッチは、ステレオミニピン出力時のみ、ONにすると200Hz以下の低音を緩やかに減衰させ、簡易的に不要な雑音を低減することができます。詳細は、ユーザーガイドの「4. バスロールオフスイッチ」をご参照ください。

取り付け

Free Spaceシリーズには、ベースに5/8インチのマイクスタンドアダプターが標準装備されています。マイクスタンドアダプターは取り外し可能です。
マイクスタンドアダプターを取り外すと、1/4インチのねじ取付け穴があり、カメラ三脚やグリップハンドルに直接取付けたり、ホットシューアダプターが使用できます。

 

バッテリー

Free Spaceシリーズは、本体内に9Vアルカリ電池(角型電池 006P)を搭載しています。このバッテリーは、ステレオミニピン出力端子を使う時のみ必要です。
XLR出力の場合は、電源スイッチはOFFのままで構いません(電源は外部機器から+48Vファントム電源を供給してください)。

マイクカプセル

Free SpaceおよびFree Space XLRは、高感度のコンデンサー型マイクカプセルを使用しています。
詳細は、ユーザーガイドの「2. マイクロホンユニット」をご参照ください。

ケーブル

Free Spaceシリーズには、ステレオミニピン端子からフォン端子(ステレオ)への変換ケーブルが付属しています。
フォン端子入力を持つオーディオインターフェースやミキサーに接続することで、すぐにバイノーラル録音が可能です。

ケース

Free Spaceシリーズには、持ち運びや保管に便利なカスタムメイドのハードシェルキャリングケースが付属しています。

付属品

本体、収納ケース、日本語マニュアル、ステレオミニピン>フォン変換ケーブル、保証書(一年)、英語マニュアル

Free Space 仕様

寸法:190mm × 110mm × 110mm(W × H × D)
重量:755g
出力:3.5mm(1/8″)ステレオミニジャック、バランス型XLR端子× 2

マイクの仕様

指向性パターン全方向性
周波数範囲60 Hz〜20 kHz
感度28±3dB(0dB = 1V / Pa)@1kHz
Rl =3.9KΩ、Vcc = 5V
S / N比80dB@1kHz
最大 SPL122dB SPL(標準)@1kHz
歪みレベル3%max
出力インピーダンス2.4kΩ±30%(RL =3.9kΩ)@1kHz
動作電圧内蔵電池使用時 5V(3V〜10V)
外部ファントム電源 +48V
マイクの直径10 mm

Accessories

3Dio_WindMuffs_Front_w600

WindMuffs

専用風防
¥11,550

3Dio_Bracket_FrontLeft_Accessories_W600

Bracket

外部機器マウント金具
¥6,050

3Dio_GripHandle_Bottom_w600

GripHandle

グリップハンドル
¥4,400

※本サイトで製品本体をご購入のお客様以外の方の、アクセサリーのみのご購入はできません

Free Space シリーズ

ステレオレコーダーで即バイノーラル録音
ステレオミニピン出力のみのエントリーモデル
Free Space-w600

Free Space

エントリーモデル

最高級マイクカプセル使用
シリーズ史上最高の音質を誇るハイエンドモデル
Free Space ProⅡ-w600

Free Space ProⅡ

ハイエンドモデル